「話さないといけない」ドロ沼から抜け出す3ステップ

 

「話さないといけない」という状態は、
結構ストレスかかります。

 

胃が締め付けられるような圧迫感があります。

そして、エンジニアには無口な人が
多いのです。
石のように静かな人もいます。

 

今回のやり方では、そんな方でも、

段階を追って、
楽しく話せるようになります。
胸に空気がスーッと入ってくるような、
爽やかな気分です。

 

 

簡単に説明すると

 
次の3ステップで、話す力が成長します。

話さないといけない

話さなくていいよ(ステップ1)

話すことが楽しい(ステップ2)

話すことを楽しむ(ステップ3)

詳しく解説していきますね。

 

「話さないといけない」ストレスの仕組み

 

「話さないといけない」のストレスの仕組みを、
簡単に解説します。

 

手足がクサリでがんじがらめに、しばれる
身動きができなくなる感じです。

 

闇夜のように暗い話なので、軽く流します。
つっこみどころ満載ですが、
本当に出口のない迷路のような
スパイラルにハマってます。。。

 

 

「話さないといけない」

「でも、話せない」

「でも、話さないといけない」

「面白い話を、しないといけない」

「でも、できない」

「でも、話さないといけない」

頑張って、話す

「あー、つまらない話をしてしまった・・・」

「自分はなんてだめなんだ」
(以下、続く)


こんなスパイラルから
抜け出す方法があります。

 

ステップ1:話さなくていいよ

「~してもいいよ」
「~いなくてもいいよ」

 

許可を与える方法です。

やり方です。

「話さなくていいよ」
「静かにしてていいよ」

 

内言で唱えます。
できれば、声に出します。

 

本当にきつい人は、
これでかなり楽になります。

 

がんじがらめの鎖が、
ゆるみはじめます。

 

水の底に沈んでいたのが、
空気吸える感じです。

 

「話さなくていいよ」

「静かにしてていいよ」

シーン

「静かだな。沈黙があるな。まー、いいか」

ステップ2:話すことが楽しい

ここから、少しポジティブになっていきます。

水から出て、胸いっぱいに深呼吸する感じです。

どんな人でも、話すの楽しいと感じたことは
あると思います。

 

子供のころ、楽しく遊んでいたときの感じです。

その楽しい感情を思い起こして
人と話すのです。

 

すると、「話すことが楽しい」状態になってきます。

私の場合は、
お酒に酔った時に、話すの楽しい感じを
思い出しました。

 

その感じを、いろんな場所や機会で広げるようにしました。

気心知れている人とは、
冗談をいったりして、
楽しい気分で話せるように、
変わっていきました。

 

 

デートにいったときも、
だんだん楽しい気分で
やりとり出来るようになりました。

 

ステップ3:話すことを楽しむ

 

「話すことが楽しい」

から

さらにステップアップします。

「話すことを楽しむ」です。

島に上陸して、
あちこち歩きまわって、
冒険を楽しんでいる感じです。

 

 

自分から楽しむ工夫をしてみる。

宝探しゲームのような感じです。

いろいろな話し方を試してみます。

こういう言い方をすると、
不機嫌になるんだ・・・

こういう言い方をすると、
喜ぶんだ・・・

実験をしてみます。
もう一つの客観的な視点で観察します。

鳥のように、空から見下ろす感じです。

この状態になると、
嫌いな人とも会話できます。

「こういう言い方をすると、
こんな反応をする」
面白い人だ(;^ω^)

工夫すること自体が、
楽しくなってきます。

「○○さん、苦手なタイプだな。いつもブスっとしてるし。」

「どう工夫して、楽しもうかな」

「今日は、ニコニコ笑って答えてみよう。どんな反応があるかな」

ニコニコ笑って答える

「○○さん、5回に1回くらい笑うな。意外だ。面白い」

「今日は、ニコニコ笑って、「いいえ」で答えてみよう。どんな反応があるかな」

ニコニコ笑って、「いいえ」で答える

「○○さん、いらついてる。笑ってても、否定されるとイラつく人なんだ。」

 

まとめ

思考が感情をリードしていく、
様子が伝わったかと思います。

 
言葉一つで、生まれてくる感情が
大きく変わってきます。

言葉一つで、人生も変わってきます。

種を植えると、芽が出て育つようなものです。
言葉の種一つ一つが、
私たちの感情をつくっています。

きれいな花の種を植えると、
きれいな花が育ちます。

ぜひ素敵な言葉を使って、
素敵な人生を過ごしてください。

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、山本大樹です! 充実恋愛サポーターとしても活動します。 コミュニティではこのテーマでブログ書いていきます。 もともと人見知りな性格に加えて、 中高男子校ですごす間に、同年代の女性と全く話せなくなり・・・ さらに大学も理系のため男子ばかりで、 女性とどう接していいかわからず、とてもつらい日々を送ってました。 その後、なんとか彼女もでき、いまは結婚できました。 幸せ家庭を楽しんでいますが、ふりかえるとギリギリ助かった、運がよかったです。 自分の職場を見ると・・・ SEの方って、とてもいい人だけど、人見知りの人が多いのですよね。 しかも年をとって40代50代になると、どんどん固定化してちゃうんですね。 同じように、困ってる方に伝えていけたらと思っています。 よろしくお願いします!