女性苦手症の解消テクニック!

女性が苦手なんですが、どうしたらよいでしょうか?

この悩み持ってる人は多いですよね。
私も苦手すぎて、全然話せませんでした(泣)

女性が苦手の治し方

女性が苦手を治すにはどうするかですが・・・基本は、場数を踏むことです。
女性と話す機会を見つけ、飲み会の誘いがあれば参加し、チャンスがあればデートに誘ってみます。

泳げるようになるのと同じです。

泳ぐためには、水の中に入って泳ぎます。
いくら泳ぎ方の本を読んでも、泳げるようにはなりません。

また、最初はなかなかうまく泳げません。

でも、人の体は水に浮くようにできています。
やり方を学べば、だれでも泳げます。

場数を踏めば、女性が苦手は治るか?

場数を踏めば治るかどうか?
これは、続けることができれば、治ります。

どんなに苦手でも、何回も繰り返すうちに慣れてきます。

ただし、たいていの場合は、最初は、うまく話せなかったりするでしょう。
緊張しすぎで、動けなかったりもします。

とはいえ、それも慣れです。
女性も同じ人間ですし、続けていれば、どんなに苦手でもだんだん慣れてきます。

でも、続けることができない人もいるのが現実です。
やはり、失敗したり、ふられたりは痛いですから。
そして、女性と付き合わなくても、死ぬわけではないし、

世の中、グルメ、ゲーム、ネットなどなど、いろいろ楽しいものがたくさんあります。
そちらの方が楽なので、それでいいやと、思う人もいます。

場数を踏む以外の、もう少し簡単な方法はないのか?

そうなんです。続けるのは大変なんです。

痛みにこらえて、続けるのが大変という声も聞こえてきそうです。
場数をこなす以外の、もう少し簡単な方法はあるか・・・

これは残念ながら「ない」と思います。

場数を踏むことを、楽に続ける方法は?

これは「あります」
正確には、女性と接するときの、マインドによって、
楽になってきます

ちなみに、マインドとは、出来事をみるときの眼鏡。フレームのことです。

眼鏡で例えるとわかりやすいですかね。

眼鏡のレンズの色が赤だと、世界は赤っぽく見えますよね。
そんな風に、私たちはなにかを見るとき、
色の付いた眼鏡で出来事を見ています。

同じ出来事でも、フレームが違うと、まったく違って感じられます。

会社で上司に叱られた場面で例えると・・・

自分責めマインド:「叱られた」 → 「怒られた」 → おれだめだ → 凹む
相手責めマインド:「叱られた」 → 「怒られた」 → むかつく、なんだあのクソ上司
愛に気づくマインド:「叱られた」 → 「裏にどういう愛があったのかな?」 → 「ありがとう、やってみます!」

話をマインドに戻すと、
女性の苦手解消が楽になるマインドはあります。

女性の苦手解消が楽になるマインド

どんなマインドかというと、結果よりもプロセスに着目します。
うまくできたかどうか評価するよりも、今この瞬間のやりとりに集中します。

結果に着目するどうなるか

今日はあの子とデートだ。
うまくいくかな、心配だな。

実際にデートが始まると

うまくできるかどうかが非常に気になってきます。
うまくできるか気にすると、失敗しそうな原因ばかり見えてきます。
失敗の原因が多くなると、不安になり緊張してきます。
緊張すると、固くなり、受け答えが不自然になります。
うまくできないです。
「うまくできない」と自己評価して、凹みます。
凹むと、さらに相手からの評価が気になってきます。

こんなサイクルを繰り返していきます。
もったいないパターンです。

一番もったいないのは、せっかく気になる女性とデートしてるのに、
女性自体ではなく、「うまくできるかどうか」ばかりを気にしていることです。

これがプロセスに着目する場合だと、こんな感じです。

今日はあの子とデートだ。
うまくいくかな、心配だな。

ここまでは同じでも、実際にデートが始まると

おしゃれしてるな、かわいいなー
よしほめてみよう「似合ってるよ」

プロセスの着目ポイント

ボディタッチ、手を触ったときの感覚が、あったかい
男性よりも心豊か
パートナーと過ごす喜び

この3つです。

一つ一つ解説していきます。

ボディタッチ、手を触ったときの感覚が、あったかい

これは皮膚感覚のことです。
なんだかんだ、男女でお付き合いすると、肌のふれあいになります。
普通にデートいくときに、手をつなぐという意味です。

そのとき、女の人は、やっぱり男性よりも、やわらかいし、あたたかい感じなんですよね。

女性は心豊か

たいていは、女性の方が男性よりも心豊かです。
映画見てなくのも女性の方が多いし、
感情の豊かさでは、なかなか適わないなー、と思ってます。

そんな感情豊かな人と付き合えるというのは、
自分のかけが埋まるような安心感があります。

パートナーと過ごす喜び

自分と好きあう相手がいるというのは、
喜ばしいことです。

楽に苦手を解消する方法

上記の3つを感じて女性と接してみます。
そうすると、いろいろなことが苦じゃなくなってきます。

なぜかというと、女性の苦手な面よりも、女性のいい面を感じられるからです。

自然と不等号の向きが逆になってきます。

結果どうこうではなく、目の前の女性との接するプロセスを味わう感じです。
新鮮な感じを楽しみます。

SEの方に馴染みがある一番近い例としては、アプリの開発が近い感じです。
アプリ開発の時は、インストールから始まって、開発できるようになるまで、
いろいろ小トラブルが発生することが多いです。
でも、とりあえず動くようになるまで、さくっと進めるようにしてます。

わからない場合は人に聞いたりして、はまりすぎないようにしますよね。
まずはいろいろやってみて、うまくいかない場合はちょっと修正する。
初めて女性と付き合うのも、それと同じ感じです。

例:初めてのアプリでの開発

インストール

アプリケーションをインストールします。
たいていよくわからんメッセージが出ます。
なんとかやりきります。
たまに、失敗して、最初からやり直すこともあります。

開発

担当分のアプリ名を定義します。
統合開発環境を使って開発します。
大量のアイコンがありますが、ほとんど使いません。
大事なのが使ってくうちに、身についてきます。
Hellow World!
のメッセージ表示を命令いします。

コンパイル

実行します
Hellow World!
と画面に表示されます。

やったー!

ってなるじゃないですか。

 

女性との付き合い

女性と付き合うは少しだけ似ています。
もっとスバらしいものです。

何回目かのデートで、たぶん手をつないだりするのですが、
これがやわらかいし、あたたかいんですよ。

「つきあってください」とお願いして、「okもらう」のが”Hellow World!”ですかね。
新しい世界が始まるかんじです。

それまで、お互いのことを知り、距離を縮めていき、たまにずれたりします。

最終的にはつきあえると嬉しいです。
もしかしたら、パートナーとして、生涯つきあうかもしれません。

また、つきあえなくても、次があります。

そんなロマンあるのが女性とのつきあいです。

なので、ちょっとくらい苦手でも、上記の3つの観点で、一つ一つのプロセスを楽しんでもらえると、結構楽になると思います。

まとめ

うまくまとまっったかというと・・・
少し自信がないところもあります。

苦手にフォーカスせず、女性と一緒にいる楽しさに着目してもらえれば、楽につづけられると思います。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、山本大樹です! 充実恋愛サポーターとしても活動します。 コミュニティではこのテーマでブログ書いていきます。 もともと人見知りな性格に加えて、 中高男子校ですごす間に、同年代の女性と全く話せなくなり・・・ さらに大学も理系のため男子ばかりで、 女性とどう接していいかわからず、とてもつらい日々を送ってました。 その後、なんとか彼女もでき、いまは結婚できました。 幸せ家庭を楽しんでいますが、ふりかえるとギリギリ助かった、運がよかったです。 自分の職場を見ると・・・ SEの方って、とてもいい人だけど、人見知りの人が多いのですよね。 しかも年をとって40代50代になると、どんどん固定化してちゃうんですね。 同じように、困ってる方に伝えていけたらと思っています。 よろしくお願いします!