エンジニアの彼女は〇〇〇に興ざめする

昔、彼女に言われたことがあります。

 
カップ麺ばかり食べて、体にどんな影響あるか知ってるの?

そのときの私の回答、ザンネン感いっぱいでした。

 
知ってるよ
知ってて、でも好きだから食べてるんだから、いいじゃん
文句ある

みたいな感じでした(泣)

エンジニアの会話のザンネンなケース

彼女に論理的に説明しながらも、
なぜか思わずイラっとしてしまう。

結果として、喧嘩してしまう。

ロジカルな受け答えはできているけど、
お互い噛み合わない。

どんどんつながりが減っていく。
安らぎが減っていく。

そうして、時間が経つうちに、
だんだん彼女の方が、興ざめしてくる。
最悪は別れ話になってしまう。

どちらが正しい悪いか、ケースバイケースです。
もちろん、本当に女性側がずれてる場合も
あるかと思います。

ただ、エンジニアの人は、
もしかしたら、仕事柄
うまくいきにくいかもしれません。

ちょっと気を付けてもらいたいのが、「強がってませんか?」ということです。

実は、彼女や気になる女性相手に強よがるのは、
あまりお勧めしません。

なぜなら、強がるということは、
勝ちたいということですよね。

いろんなことで、勝ち負けにこだわってしまいます。
そして、結果的にケンカに
なりやすからです。

勝ち負けものさし

勝ち負けのものさしが
二人の間にあると、

かならず

どちらかが勝って気持いい
どちらかは負けて悔しい

そういう現象が発生します。

女性はあまり、
勝ち負けのものさしをもっていません。
比較的、男性の方が強いです。

あなたが恋愛に勝ち負けのものさしを持ち込んでる間は、
ケンカはずっと続いてしまいます。
そんなのイヤですよね。

男性は、強くあれ、と育てられがちです。

勝った負けたの世界で生きてます。
小さいころは戦隊物で楽しむことが多いです。
負けず嫌いの人も多いと思います。

もちろん「負けたくない」という気持ちは大事です。

成長にもつながる大事な気持ちです。

特に、仕事や勉強をする上では、
ライバルに対する対抗心が役立つときもあります。

自分の能力を伸ばして、
プロジェクトを成功させる必要があります。

「負けたくない。勝ちたい」を
自らのエネルギーにして、
行動する人も多いでしょう。

ちなみに、仕事だとしも、
負けず嫌いが強すぎると、ちょっと問題だとは思います。
ただ、話がずれるので置いておきます。

彼女に強がる

恋愛の関係で、強がろうとして、
負けず嫌いが発動すると、
その悪影響はちょととどころではありません。

「つきあう」という関係自体の存続にかかわってきます。

恋愛関係は勝ち負けじゃありませんから。

恋愛は「つながり」「つきあう」ように
くっつく関係です。

勝ち負けは、たいていは
つながりを「切る」力は働きます。

だいたい、会社で勝ち負けで動いて、
ぎすぎすしている上に、
恋愛でも勝ち負け動くのは、少しつらいです。

彼女に安らぐ

恋愛は安らぎですよ。

ちょっとしたゲーム性の駆け引きを楽しむ、
恋愛もあると思います。
でも、基本安らぎがある方がうれしいですね。

特に、仕事とは別で恋愛をするのです。
好きな相手との恋愛は、
もう少し安らぎが欲しいじゃないですか。

安らぐのはどういうときでしょうか。

自分の欠点を見せれるときです。

できないことを、素直に表現して、
受け入れてもらえると安心しますよね。

逆に欠点を隠して、強がっていると、
関係が不自然になりませんか。

結構、女性は弱みを見せてもらいたいと思っています。
特に、彼氏は付き合う人には。

あなたが思ってるほど、
欠点を隠さなくても、大丈夫ですから。

甘えるのあが下手
悲しいを隠す
寂しいを見せない
論理的に抑えこむ

欠点隠しをやりすぎると、

相手の女性には、寂しい感じになります。

ちなみに、自分自身にやると、
怒りっぽい性格になります。
(やってるのに気づけない人もいますが)

やたら怒ってる人いますよね。

本当は怒る感情の前に、
悲しいとか寂しいという感情があるのです。

ただ、それを感じないで無視しているから、
ドーンと怒りが湧き出すのです。

逆に、欠点を見せると、
結構相手ともうまくいきます。

甘える
悲しみを表現する
寂しがる
論理的に話さず、感覚で話す

仕事で怒ってばかりは、まだいいです。

でも、恋愛で彼女に怒ってばかりでは、
もったいなさすぎです。
彼女が寂しくなってきて、興ざめしてきちゃいます。

 
つまり興ざめの原因は、強がりすぎだからです。

 

彼女の言葉の裏にある愛に気づく

じょー、どうするかです。

答えは、彼女の言葉の裏にある
愛に気づくことです。

え・・・どういうこと?

さきほどの例ですと・・

彼女は

「知ってる?」

と質問してますが、

気持ちとしては、

「あなたの体によくないと思うの、ほどほどにしてもらいたい。」
「元気なあなたでいてほしいな。」

という気持ちがあって、

それを質問形式の表現で

 
カップ麺ばかり食べて、体にどんな影響あるか知ってるの?

と聞いてるわけです。

こんな風にして、言い合いになった場合、
ふと立ち止まります。

すると相手の言ってる裏には、
たいてい愛情があります。

 
たいていではなく、必ず愛情があります。

もちろん、その意見は、人それぞれです。

カップラーメン好きな人もいるでしょう。
カップラーメン食べ続けるのも自由なのです。

ただ大事なことは、
愛情に気づいた上で、
意見のやりとりをしてるかどうかです。

気付いているだけで、全然対応が変わってきます。

そうしないと、議論になり、ディベートになり、喧嘩になってしまいます。

相手に愛情があると気付けると、
自分の欠点も素直に表現できるようになると思います。

そして、勝ち負けのものさしを手放して、
好きな相手と安らぎのおつきあいができます。

 
素晴らしー!これほんと、早く知りたかったですよ・・・

まとめ

恋愛はつきあいです。
安らぎのつきあいです。

勝ち負けものさしは、つきあいを切断します。

なので、強がりはやめて、
ほどほどに押さえます。

そうすると、

欠点を受けれた
甘えることのできる
安らぎのある

おつきあいができます!

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、山本大樹です! 充実恋愛サポーターとしても活動します。 コミュニティではこのテーマでブログ書いていきます。 もともと人見知りな性格に加えて、 中高男子校ですごす間に、同年代の女性と全く話せなくなり・・・ さらに大学も理系のため男子ばかりで、 女性とどう接していいかわからず、とてもつらい日々を送ってました。 その後、なんとか彼女もでき、いまは結婚できました。 幸せ家庭を楽しんでいますが、ふりかえるとギリギリ助かった、運がよかったです。 自分の職場を見ると・・・ SEの方って、とてもいい人だけど、人見知りの人が多いのですよね。 しかも年をとって40代50代になると、どんどん固定化してちゃうんですね。 同じように、困ってる方に伝えていけたらと思っています。 よろしくお願いします!